Hyper-V もろもろ

適当なタイミングで、ドキュメントとしてまとめないとそのうち忘れそうだけど、
とりあえずmemo代わりに。

まずは、Hyper-V Server 2008 R2のインストール
USBメモリにイメージ展開してやることも出来るんだけど、起動した後に
デバイスドライバのインストールとかリモート管理とかを有効にするのに
やたら時間が掛かるので、とりあえずHDD上にVHDイメージ作って、
そこにインストールして正常に動作するところまで確認するのが良いかも。

VHDブートする方法はここが参考になる。
Windows 7のVHDブートを試す - @IT.

その後、VHDイメージをUSBメモリにコピーしてそっからあげる。

Hyper-V Server 2008 R2 の Flash Media Boot について

Hyper-V Server 2008 R2 で USB 等のフラッシュメディアを使ってブートできる機能が実装されています。

ESXi で USB ブートできる機能と同じイメージでしょうか。

スマートな方法ではないなですが設定の検証ができました。

# 一度ローカルディスクを使っています。

引用元: Hyper-V Server 2008 R2 の Flash Media Boot について – SE の雑記.

そして、クラスタリング関係

基本的に以下のページを参考にすれば問題なし。
すべてのノードでiSCSIボリュームが見える状態まで持って行って、
その状態でクラスタを構成すればOK

ただ、良くわからないのはたまにあるノードからCSVの中が見えなくなること。
その状態でもそのノード上で動いている仮想マシンは普通に動いてるけど、
仮想マシンの新規作成の時とかにCSVの中が見えないから困る。

とりあえず、フェイルオーバークラスタマネージャで確認できる所有者と
なっているノードでは問題無く仮想マシン作れるから、所有者を変えるか、
今の所有者で仮想マシン作ってからライブマイグレーションとか。

Hyper-V 2.0でキー要素となるLive MigrationとCluster Shared Volume(CSV)に関する概略を説明したうえで、 Hyper-V Server 2008 R2を利用したLive Migrationの環境構築手順について記載します。

(※ソフトウェアデザイン2010年1月~2月の記事より掲載)

引用元: Hyper-V Server 2008 R2 で構築する仮想化基盤 | Hyper-V Server 2008 R2.

ちなみに、Hyper-V マネージャはワークグループ環境で使うと、権限の関係が
結構微妙なんだけど、マネージャ側の資格情報 の管理でHyper-Vサーバ側の
コンピュータ名とかAdministratorのパスワードとか事前に登録すると簡単っぽい。

まぁ、そこにたどり着くまでにいろいろやったから、それだけじゃダメなのかもしれないけど。

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

アーカイブ

2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031