PC Engine Alix

NanoBSDを動かす

設定

  • CFカードなどのメディアサイズを調べる
    # diskinfo /dev/da0<br />
    /dev/da0 512 1014644736 1981728 967 64 32
  • 調べた値を設定値にする
    # HEADS/SECTSが有っていないと正常に起動しない気がします。<br />
    NANO_MEDIASIZE=1981728<br />
    NANO_HEADS=32<br />
    NANO_SECTS=63<br />
    # tinyBIOSでは nopacket に設定する必要があります。<br />
    NANO_BOOT0CFG=&quot;-o nopacket -s 1 -m 3&quot;

ボード後ろのLED/暗号化アクセラレータを利用する

8.0-CURRENTにはマージされていますが、7.1Rで利用するには8.0のソースを持ってくる必要があります。

  • ファイル
    • /sys/i386/i386/geode.c(Rev.1.11)
  • 動作確認
    • echo 1 > /dev/led/led1
      echo 0 > /dev/led/led2
      echo 1 > /dev/led/led3

カーネル

カーネルコンフィグに以下を追加する。

<br />
options CPU_GEODE<br />
device glxsb<br />
device cryptodev<br />

Atheros / miniPCIデバイスを動かす

Atheros 2413の無線LANカードを動かす場合、FreeBSD 7.1Rのath_halでは
interrupt storm detected が発生し、正常に利用できないため、
madwifi-hal-0.10.5.6-r3879-20081204から/sys/contrib/dev/ath/を入れ替えると正常に動作する。

参考にしたサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください