タグ ‘ iSCSI

Disk Benchmark

たまたま、日立 HA8000とQNAP TS-453 Proを触ることになったので、ちょっとベンチマーク

そもそも、HA8000はSATAのソフトウェアRAIDだから遅いの当たり前なんだけど

日立 HA8000 TS10/CM1
1TB x 2(RAID 1/オンボードSATA RAID)

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   116.096 MB/s
          Sequential Write :    38.796 MB/s
         Random Read 512KB :    44.892 MB/s
        Random Write 512KB :    23.049 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.589 MB/s [   143.7 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.421 MB/s [   102.8 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     1.937 MB/s [   473.0 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.873 MB/s [   213.3 IOPS]

  Test : 500 MB [D: 2.4% (12.6/531.0 GB)] (x1)
  Date : 2015/01/07 22:13:37
    OS : Windows Server 2012 R2 Server Standard (full installation) [6.3 Build 9600] (x64)

QNAP TS-453 Pro
iSCSI接続(1Gbps x 1)

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   105.110 MB/s
          Sequential Write :   105.099 MB/s
         Random Read 512KB :    96.468 MB/s
        Random Write 512KB :    93.933 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    11.648 MB/s [  2843.9 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    11.172 MB/s [  2727.6 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    60.625 MB/s [ 14801.0 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    47.690 MB/s [ 11643.1 IOPS]

  Test : 500 MB [I: 2.7% (14.0/512.0 GB)] (x1)
  Date : 2015/01/07 22:17:01
    OS : Windows Server 2012 R2 Server Standard (full installation) [6.3 Build 9600] (x64)

QNAP TS-453 Pro
SMB接続(1Gbps x 1)

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   109.730 MB/s
          Sequential Write :   108.920 MB/s
         Random Read 512KB :   101.143 MB/s
        Random Write 512KB :   102.563 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    11.981 MB/s [  2925.0 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    11.213 MB/s [  2737.5 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    68.201 MB/s [ 16650.6 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    47.745 MB/s [ 11656.4 IOPS]

  Test : 500 MB [J: 40.9% (734.1/1796.8 GB)] (x1)
  Date : 2015/01/07 22:20:12
    OS : Windows Server 2012 R2 Server Standard (full installation) [6.3 Build 9600] (x64)

Hyper-V もろもろ

適当なタイミングで、ドキュメントとしてまとめないとそのうち忘れそうだけど、
とりあえずmemo代わりに。

まずは、Hyper-V Server 2008 R2のインストール
USBメモリにイメージ展開してやることも出来るんだけど、起動した後に
デバイスドライバのインストールとかリモート管理とかを有効にするのに
やたら時間が掛かるので、とりあえずHDD上にVHDイメージ作って、
そこにインストールして正常に動作するところまで確認するのが良いかも。

VHDブートする方法はここが参考になる。
Windows 7のVHDブートを試す - @IT.

その後、VHDイメージをUSBメモリにコピーしてそっからあげる。

Hyper-V Server 2008 R2 の Flash Media Boot について

Hyper-V Server 2008 R2 で USB 等のフラッシュメディアを使ってブートできる機能が実装されています。

ESXi で USB ブートできる機能と同じイメージでしょうか。

スマートな方法ではないなですが設定の検証ができました。

# 一度ローカルディスクを使っています。

引用元: Hyper-V Server 2008 R2 の Flash Media Boot について – SE の雑記.

そして、クラスタリング関係

基本的に以下のページを参考にすれば問題なし。
すべてのノードでiSCSIボリュームが見える状態まで持って行って、
その状態でクラスタを構成すればOK

ただ、良くわからないのはたまにあるノードからCSVの中が見えなくなること。
その状態でもそのノード上で動いている仮想マシンは普通に動いてるけど、
仮想マシンの新規作成の時とかにCSVの中が見えないから困る。

とりあえず、フェイルオーバークラスタマネージャで確認できる所有者と
なっているノードでは問題無く仮想マシン作れるから、所有者を変えるか、
今の所有者で仮想マシン作ってからライブマイグレーションとか。

Hyper-V 2.0でキー要素となるLive MigrationとCluster Shared Volume(CSV)に関する概略を説明したうえで、 Hyper-V Server 2008 R2を利用したLive Migrationの環境構築手順について記載します。

(※ソフトウェアデザイン2010年1月~2月の記事より掲載)

引用元: Hyper-V Server 2008 R2 で構築する仮想化基盤 | Hyper-V Server 2008 R2.

ちなみに、Hyper-V マネージャはワークグループ環境で使うと、権限の関係が
結構微妙なんだけど、マネージャ側の資格情報 の管理でHyper-Vサーバ側の
コンピュータ名とかAdministratorのパスワードとか事前に登録すると簡単っぽい。

まぁ、そこにたどり着くまでにいろいろやったから、それだけじゃダメなのかもしれないけど。

iSCSI用 NICを追加した

VMware ESXiが乗ってる、HP ML110 G6にiSCSI用のNICをもう1枚乗せてみた。
このサーバ、HDDは乗ってないのです。

CIMG0160

アーカイブ

2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930