Makuakeでbitlockにクラウドファンディングしてみた

投稿者: | 2019年8月11日

また、1年ぶりぐらいの記事になってしまった。

かなり昔から、スマートロックが気になってたんだけど、普通に買うとそれなりの金額で、
悩み続け、、たまたまたMakuakeでbitlockを見つけたので、投資してみた。

2019年05月24日に、Makuake出資者専用のプランで、bitlock LITEとWiFiコネクタを注文し、
2019年07月31日に本体が、2019年08月09日にWiFiコネクタが発送されました。

本体届いてから、アタッチメントパックが必要な事に気づいたので、2019年08月04日にこちらも追加注文し、
2019年08月07日に発送されています。

本体はもともと「2019年06月末まで」に発送される予定で、出資してたから、大分遅いけど、
そこはまぁまぁ。と言う感じでのんびり待っていた感じ。

ちなみに、自宅の玄関はTOSTEMでサムターンの台座部分が少し大きく、
本体だけだと、本体が浮いて両面テープで付けられない感じでした。

設置とか、初期設定とか、WiFiコネクタとの接続は別に普通なんだけど、
当初案内されていた機能が、現時点では割と削られている。

WiFiコネクタを買った理由として、

・鍵の状態確認(閉まっているか、開いているか)
・鍵の開け閉め

があるんだけど、とりあえずこれが今のところ出来ない。
直近のアナウンスだと、

◆Wi-Fi コネクタ機能
▽アプリver1.3.0でできること
・解錠施錠履歴の確認
・バッテリー残量の確認
▽アプリver1.3.1でできるようになること
・遠隔での解錠・施錠(オーナーと管理者のみ)
▽ver未定(開発中)
・鍵が開いているか閉まっているかの表示
・ドアが開いているか閉まっているかの表示

と言う、メールが個別に来てるんだけど、状態確認は今のところ未定とのこと。

WiFiコネクタの購入ページに記載されている内容とも異なるから、
ページは早く更新した方が良いだろうけど、それすら手が回ってない感じなんだろう。


スクリーンショット元:https://www.bitlock.jp/#/wifiConnectorBuy

Twitterなんかを見てる感じ、そこまで話題になってる感じでも無いし、
サポートの人も結構ちゃんとフォローしてるみたいだから、しばらくは様子見かな。

けどあんまり酷いようだと、Qrio Lockへの乗り換えも考えるかも。
そういう意味でも、bitlockのようなサブスクリプション製は使う側には良いかもね。

提供側はすぐに捨てられる可能性もあるけど。

Makuakeでbitlockにクラウドファンディングしてみた」への1件のフィードバック

  1.  

    wifi以外に本体にも優良誤認が多すぎて既に消費者庁案件かと

    サブスクでモノ送っといて 基本機能が生きていない で課金させてる訳ですからね
    ユーザーが 支援 という認識を捨てるのが先か、運営が引き伸ばして実装して逃げきるかのチキンレース

    ツイッターで騒がれてないうんぬんは単純に購入者にツイッターユーザーが少ないという理由からかも
    マクアケの投稿見てても全体のストレス値はかなり高いはずなんですよね

    返信

  にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください