Samba 4.0でDC構築してWinodws7を参加させてみた

投稿者: | 2013年2月18日

そろそろ会社のサーバの更新も考えなきゃ行けない中で、選択肢の一つとしてSamba 4.0でDC構築してみた。

まぁ、いつもの通り個人的趣味でFreeBSDを使いたいためそのときの記録を簡単に。

FreeBSDのportsにはまだ正式版が出てきてないみたいだったので、tarボールを取得し、野良ビルド。
事前に入れたのはPythonとPerlぐらい。

Kerberos関係は何もしなくてもとりあえず大丈夫そう?少なくともWin7を参加させるところまでは出来ています。

グループポリシーも適用出来るみたい。
あとは、/etc/fstabのOptionsにaclsを追加しないとsamba-tool domain provisionの時に文句言われる。

<br />
# ./configure --enable-debug --enable-selftest<br />
# make<br />
# make install<br />

<br />
# /usr/local/samba/bin/samba-tool domain provision<br />
# /usr/local/samba/sbin/samba<br />

 

Samba 4.0 で DC 構築して Windows7 を参加させてみた

引用元: 黒ぶちメガネのblog » Blog Archiv » 【Linux】Samba 4.0 で DC 構築して Windows7 を参加させてみた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください