カテゴリー ‘ 仕事

AWSの利用料金を確実に安くする方法

ちょっと前にプレスリリースを見て、もしかしてこれって代行手数料無料ってこと?
って思ったけど、まさかそんなはずは。と思いとどまっていたが。

本当に無料なのか。まぁ、会社で使うのは難しいだろうけど。
覚えておこう。

この請求代行サービスを使うと、上で説明した「意味不明状態」が発生します

  • 利用料金の一律3%割引
  • 日本円での請求書支払い
  • cloudpack技術サポートの付属
  • AWSエンタープライズサポート付属(cloudpack経由)

情報源: AWSの利用料金を確実に安くする方法

FreeBSD on HA8000 RS110/CM

忘れないうちにmemo

FreeBSDを日立のHA8000 RS110/CMで使うときの注意

  • FreeBSD 10R
    • オンボードRAIDでRAID組んでも、Arrayとしては見えない
      それぞれが単発のディスクとして見える
      ただし、そのディスクにFreeBSD入れても起動しない
    • オンボードNICは問題無く認識する(bge)
  • FreeBSD 8.1R
    • オンボードRAIDはそもそもストレージコントローラとして認識しない
    • オンボードNICも認識しない

ディスク周りの問題は、オンボードRAIDを使わなければOK
とりあえず、AHCIにすれば普通にadaXって感じに見える。

けど、HA8000 RA110/CMのRAIDモデルだと、BIOSの設定でRAIDしか選択がなくて、ACHIとかに出来ない。
マザーボードのPCIライザーカードの当たりに、SoftwareRAIDとかって言うのジャンパがあるので、
それを変更するとAHCIとかIDEに出来る。

Asterisk と 某社IP-PBX のSIP-SIP接続

内容的にかなり微妙な気はするけど、意外とさっくり繋がったので、memo
とりあえず、IP-PBXに収容した局線からAsteriskのボイスメールに繋がることは確認した感じ。

とりあえず、これで外付けの留守電が必要なくなる気がする。
いつも通り記事の内容は保証しません。at your own riskでお願いします。

相手を指定するセクションのsecretはコメントにしてあります。
IP-PBXからAsteriskに着信するときに認証を要求すると、ダメっぽい。ここはまだ調査不足かな。

  • IP-PBX側はSIPトランクとして、登録する
  • SIPライセンスは基本的には必要
  • Asterisk 11系を利用
register => 収容位置:SipPass@TM-II SC/収容位置

[収容位置]
type=peer
username=収容位置
;secret=SipPassword
canreinvite=no
host=TM-II SC
dtmfmode=rfc2833
session-timers=originate
session-expires=180
session-minse=90
session-refresher=uas

アーカイブ

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031