FreeBSDをiSCSI Bootする方法

投稿者: | 2012年9月30日

ちょっと訳あってFreeBSDをiSCSI Bootする必要があったのでやってみた。
(単純に手元に予備ディスク無い状況で、FreeBSDを物理マシンに入れたかっただけだけど。)

結果的にはそんなに苦労しなくても出来る感じ。

自分はgPXEを使ったんだけどWeb上にあるImage Generatorを使うとなぜかダメで、
gPXE 1.0.1を手元の環境でコンパイルしたらOKだった。

gPXEのスクリプトはこんな感じ。initiator-iqnが変なのは気にしない。
istgt.confを修正するのが面倒だっただけ。

<br />
#!gpxe<br />
ifopen net1<br />
set net1/initiator-iqn iqn.1998-01.com.vmware:esxi01-34d16b86<br />
set net1/ip 172.16.0.101<br />
set net1/netmask 255.255.255.0<br />
set keep-san 1<br />
sanboot iscsi:172.16.0.11:::1:iqn.2007-09.jp.ne.peach.istgt:freebsd<br />

あと、gPXEのUSBメモリ用イメージを作るときはこんな感じのコマンドじゃないと、
ダメっぽい。

gmake bin/gpxe.usb EMBEDDED_IMAGE=./scriptname

このあたりを気にすれば結構普通に出来る感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください